早い海外送金におすすめの方法

日本から素早く海外送金をするのにおすすめな方法を探しましょう。知っておきべく情報はすべてこちらで確認できます。

送金額
送金元
送金先

調査、テスト、承認済みの安全なサービスのみを比較、表示しています。 重要な情報

The Fastest Provider
為替レート:0.0066
送金手数料:¥732.00 JPY
合計:$660.01 USD
Get a rate guarantee with Wise
送金時間
即時-2 日
他1社のサービス
レート更新:1分前
為替レート:0.0065
送金手数料:¥200.00 JPY
合計:$647.47 USD
Your first THREE transfers are FREE
送金時間
1-2 日

お客様がExiapページ経由で各社サービスを利用した場合、弊社が紹介手数料を受け取る場合がありますが、表示されるランキングの順位、為替レート、お客様の手数料には影響しません。この検索結果は費用の安い順に表示されています。詳細を確認する

早いオンライン海外送金におすすめの方法は?

日本からの早いオンライン海外送金におすすめの方法は1つに限られません。-送金先の国やその他の条件によって、最適な海外送金の方法は異なります。いくつかのサービスを比較して、送金にかかる時間、送金手数料、為替レートや入金方法などからベストなオプションを選びましょう。

以下のサービスを使った場合、送金にかかる時間はこちらです。

  • Wise: 即時-2 日
  • WorldRemit: 1-2 日

日本から海外送金する際は、銀行ではなく海外送金を取り扱う会社を利用することで、よりスピーディーに送金できます。通常、銀行での送金には3~5営業日かかりますが、一番早いサービスであるWiseでは、即時-2 日で送金できます。

Wiseで送金する

日本から早い海外送金をする方法は?

海外に早く送金するには、送金先の国への海外送金を提供しているサービスを選ぶとともに、そのサービスを利用することで現代的でスピーディーな送金ができるか確認する必要があります。銀行ではこのようなサービスは提供されていないため、Wiseのような専門のサービスを選ぶのがお勧めです。専門のサービスでは、現金受け取りのための即座の送金や、現代的な送金方法を使った、従来の銀行よりもスピーディーな銀行振込が可能です。

海外送金は次のステップで行うことができます。 1. 海外送金サービスを選ぶ 海外送金サービスには多くのオプションがあるため、リサーチをして自分に合ったものを選ぶことが大切です。手数料、為替レート、送金スピードなどを考慮することも大切です。海外送金サービス比較ツールを使うことで、簡単に最適なオプションを見つけることができます。

2.利用するサービスのアカウントを作成する 利用するサービスを選んだら、名前、メールアドレス、連絡先情報、その他の必要書類を提出してアカウントを作成しましょう。本人確認には数日かかることがあります。

3. アカウントに資金をチャージする 送金するには、アカウントに資金をチャージする必要があります。チャージ方法には、クレジットまたはデビットカード、銀行振込などの様々なオプションがあります。

4. 資金の受取人を選択する アカウントに資金をチャージ次第、受取人の情報を追加しましょう。必要な情報は受取人の国によって異なりますが、基本的に受取人の名前、住所、銀行コード、口座番号、電話番号などが必要となります。

5. 送金額を入力する 次に、送金額を入力し送金する通貨を選択しましょう。ほとんどのサービスで、送金にかかる詳細なコストを事前に確認できます。

6. 送金の詳細を確認する 送金の前に、送金に必要なすべての情報が正しいことを確認しましょう。送金後、キャンセルはできなくなります。

早い海外送金は可能?

日本からの従来の送金方法 は、銀行振込、電信送金、国際郵便為替による送金です。これらの送金方法のほとんどで、銀行間の送金および処理が必要となるため、数営業日かかることが多いです。

近年では、新しい送金方法としてオンライン海外送金サービスが人気です。これらの会社はオンライン送金に特化しており、より良い為替レート、より安いサービス手数料、よりスピーディーな送金を提供しています。WiseやWorldRemitなどのオンライン海外送金サービスを利用することで、受取人の銀行口座に同日中に送金することができます。

オンライン海外送金サービスを利用する際には、注意点もいくつかあります。まず、選んだサービスの評判が良いか確認しましょう。また、各サービスの手数料や為替レートをよく比較した上でサービスを選ぶようにしましょう。また、すべてのサービスが世界中の国で利用できるわけではないことにもご注意ください。利用したいサービスが、送金先の国へのサービスを提供しているか確認しましょう。

一番早いサービスを比較する

海外送金のスピードに影響を与える要因は?

送金にかかる時間は、次のような要因に影響されます。

  • 送金額
  • 国や通貨
  • 入金方法
  • 送金先の口座の種類
  • 銀行や送金サービスでの処理時間

海外送金に時間がかかることがある理由は?

インターネットバンキングによって、海外送金がすぐにできると思う人もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません遅延の原因となる要因もいくつかあります

  • 詐欺に対する保護 - 銀行は、様々な方法で海外送金に起こりえる詐欺から資金を保護しています。一般的な方法の1つとして、送金人の本人確認を行うシステムが導入されています。このシステムでは、送金人が本人であること、そして送金人によって送金が許可されていることを確認します。また、銀行は不正取引のパターンを検出するソフトウェアを使用して、そのような取引が行われないようにすることもあります。

  • 週末や祝日 - 急ぎで送金する必要がある場合は、受取人の国の祝日に注意し、週末を避けるようにしましょう。週の初めに送金の手続きを始めることで、時間通りに送金することができます。

  • 外貨両替 - 海外送金を同日に行うには、送金する資金の両替が必要となるため、処理に時間がかかります。Provider Type Aは、受取人が希望する通貨で送金できるため、処理時間が長くならない場合があります。

  • 入金手数料 - クレジットカードを使って送金すると、銀行では合計コストの1~3%にあたる追加手数料がかかります。

日本からの海外送金のスピードを早くする方法は?

最適なサービス選んだ後、よりスピーディーに送金するにはいくつかのステップがあります。

  • 利用するサービスで早くて簡単なアカウント登録および本人確認ができるか確認する
  • 本人確認に必要な書類を事前に確認および準備しておく
  • よりスピーディーに送金できるよう、本人確認書類を事前にアップロードしておく
  • 現金を使って対面で入金するか、クレジットまたはデビットカードを使ってよりスピーディーに入金する
  • 利用するサービスで高速な送金や瞬時の送金ができるか確認して、送金にかかる時間も確認する
一番スピーディーに送金できるオプションを探す

海外送金に予想以上の時間がかかっている場合は?

送金にかかる時間は送金手続きの際に確認できます。送金先の国の休日や営業時間、受取銀行での遅れ、追加の本人確認などによって、送金が遅れる場合があります。

48時間以上送金が遅れている場合は、直接利用した送金サービスに問い合わせることをお勧めします。可能な場合、電話での問い合わせが一番早いですが、メールや問い合わせフォームでの問い合わせには1~2営業日で返信するサービスがほとんどです。

早い海外送金におすすめのアプリは?

自分のニーズに合ったおすすめの海外送金アプリを見つけることで、スムーズに海外送金することができます。専門の海外送金サービスは、送金アプリ、オンラインによる入金オプション、入金と同時に完了するアプリでの送金などを提供しています。

送金先の国でこれらのオプションが提供されているか、確認してみましょう。

  • Wise - 4.2点の評価(210512件のレビュー)
  • WorldRemit - 3.9点の評価(85968件のレビュー)
Wiseで送金する

日本から素早く送金するための入金方法は?

サービスによっていろいろな入金方法を使うことができますが、クレジットまたはデビットカードで入金できるサービスを探すことをお勧めします。通常、カードを使うことで一番早く入金でき、スムーズに送金の手続きを行うことができます。

これらのサービスで日本から海外送金するための入金方法はこちらです。

Wise

銀行振込、カード(デビットまたはクレジット)、SWIFT、Google PayもしくはApple Pay

WorldRemit

銀行振込、カード(デビット、クレジット、プリペイド)またはApple Pay

銀行間で早い海外送金をする方法は?

多くの国やユーロゾーンなどの地域の銀行では、外貨両替を行わないことにより、早い国内送金を提供している場合があります。しかし、これらの送金では多額の送金や海外送金ができないことが多いです。

銀行間で海外送金を行う際には、銀行よりも早く送金できる専門のサービスを見つけることができるでしょう。Wise などのオンライン海外送金サービスでは、現地の銀行口座間で無料で早い海外送金ができます。

Wiseに移動する

日本から安全で早い海外送金をする方法は?

海外送金サービスは世界中で規制を受けており、安全に送金を行うことができます。

利用するサービスの評判や認可の有無について確認するようにしましょう。海外送金のページでは、それぞれのサービスのレビューや比較を確認できます。規制に基づいた安全な海外送金を提供しているサービスのみ集めているので、安心して自分にあったサービスを見つけられます。

Exiapでは、最も信頼できるサービスのみ比較しています。あなたにあった2つのサービスのうち、Trustpilotでのレビュー数と平均スコアによるランキングはこちらです。

  • Wise: Trustpilotで210,512件のレビュー、4.2/5点の評価
  • WorldRemit: Trustpilotで85,968件のレビュー、3.9/5点の評価
Wiseに移動する

まとめ

スピーディーな海外送金ができるかは、利用する海外送金サービス、送金する金額、送金先の国、事前に身分証明書による本人確認ができるかなどによって異なります。比較ツールを使って、自分のニーズに合ったベストなサービスを選びましょう。

海外送金についてより専門的なアドバイスが必要ですか?

海外送金におすすめな方法は?

海外送金におすすめの方法をお探しですか?2024年のガイドで送金のエキスパートになりましょう。

一番安い海外送金の方法は?

現在、海外送金にはこれまで以上にたくさんの選択肢があります。

オンライン海外送金の方法 2024年のガイド

オンラインで海外送金することで、銀行で送金するよりもお金も時間も節約できます。

日本への海外送金におすすめの方法

日本への海外送金におすすめの方法はそれぞれです。あなたにおすすめな方法を見つけましょう。

早い海外送金についてよくある質問

早い海外送金とは?

早い海外送金とは、通常の処理時間を待たずに口座間の送金ができることを言います。これには、インターネットバンキングやモバイルバンキングなどのいろいろな方法があります。海外送金の場合、WiseやWorldRemitなどのサービスを利用できます。

早い海外送金をする方法は?

早い海外送金をする方法はいくつかあります。1つは、WiseやWorldRemitなどの海外送金サービスを使うことです。これらのサービスでは、オンラインまたは対面で海外の受取人に送金することができます。2つ目の方法は、外国為替ブローカーを使用することです。これらのブローカーを介することで、従来の銀行よりも早く外貨の売買ができます。

早い海外送金は可能?

以前は海外送金に数日~数週間かかることがほとんどでしたが、現在はテクノロジーの進歩とインターネットのおかげで、同日中に完了する送金も多くなっています。

銀行での早い海外送金は組み戻しできる?

受取銀行への電信送金がすでに完了している場合、送金の組み戻しができないことが多いです。

ただし、次のような場合には組み戻しが可能な場合があります:銀行が受取人の口座番号を間違えていた、受取人が予想よりも大きな金額を受け取った、送金が重複していたなど。

早い海外送金をするには本人確認は必要?

本人確認なしで銀行口座から送金できる場合もありますが、安全のため、本人確認手続きを行うことが大切です。本人確認なしで送金したい場合、PayPal、Cash App、Venmoなどのサービスを利用できます。

銀行での電信送金はどれくらい早い?

電信送金は、世界中で銀行間の送金を素早く安全に行う方法です。これにより、電子的に送金または資金を受け取ることができます。一般的に、国際電信送金には2~5営業日かかります。

手数料無料で早い海外送金はできる?

残念ながら、手数料無料で海外送金できることはほとんどありません。新規の顧客に手数料無料の送金を提供しているサービスもありますが、このような場合、為替レートに手数料が隠されていることがあります。比較ツールを使って、いろいろな海外送金サービスを簡単に比較してみましょう。

海外送金にかかる日数は?

通常、日本から銀行で海外送金するには3~5営業日かかります。最速の海外送金サービスはWiseの即時-2 日で、大幅に時間を節約できます。