一番安い海外送金の方法は?

日本から送金する必要がありますか?どこに送金する場合も、一番安く海外送金をする方法を見つけるために必要な情報をご紹介します。

送金額
送金元
送金先

調査、テスト、承認済みの安全なサービスのみを比較、表示しています。 重要な情報

The Cheapest Deal
為替レート:0.0066
送金手数料:¥732.00 JPY
送金時間:即時-2 日
Get a rate guarantee with Wise
Save up to 1,990.56 USD
合計$659.87 USD
他1社のサービス
レート更新:1分前
為替レート:0.0065
送金手数料:¥200.00 JPY
送金時間:1-2 日
Your first THREE transfers are FREE
合計$647.09 USD

お客様がExiapページ経由で各社サービスを利用した場合、弊社が紹介手数料を受け取る場合がありますが、表示されるランキングの順位、為替レート、お客様の手数料には影響しません。この検索結果は費用の安い順に表示されています。詳細を確認する

日本から送金する一番安い方法は?

日本から送金する際は、常に送金にかかる合計コストを考慮しましょう。海外送金サービスの初期手数料や現在の日本円の為替レートも忘れずにチェックしましょう。

手数料が安いことや無料であることを売りにしているサービスもありますが、為替レートに手数料が隠されていることが多くあります。上の表から、100000 JPYを日本からアメリカへ送金する際、一番高いサービスと一番安いサービスには1990.56 JPYもの差があることが分かります。この差は送金額が大きくなるほど広がります。

Wiseで送金する

日本から海外送金するにはいくらかかる?

海外送金を行う際は、銀行やオンライン送金サービスから送金手数料を請求され、ミッドマーケットレートとは為替レートを支払う必要があることが多いです。そのため、送金する時には一番お得な送金方法を探すことが大切です。

送金手数料

送金サービスでは通常、サービスの利用に手数料が必要です。この手数料は通常、送金額に対するパーセンテージで、数百円から数万円の間で変動します。手数料はすぐにかさんでしまうため、送金前に確認しておくことが大切です。比較対象のサービスのうち、一番安いWiseと一番高いWorldRemitの間には1990.56 JPYもの差ができてしまうことがあります。

サービスによっては、多額の送金に対して手数料が安く設定されていたり、定期的にサービスを利用している人に対して割引が適用されたりします。 それぞれのサービスの手数料を比較して、一番お得なサービスを見つけましょう。

為替レート

為替レートとは、ある通貨とある通貨を比較したときのコストです。為替レートはある通貨を買うのにいくら必要なのか、ある通貨を売ったらいくらもらえるかを知るために使われます。為替レートは急速に変化するため、常に最新のレートを把握することが大切です。

海外送金をする際、一番損をする為替レート 0.0065 と一番お得な為替レート 0.0066 との差は0.0002 USDです。大きな差ではないように見えるかもしれませんが、100000 JPYを送金する場合を仮定すると、この差は20 USDにまで膨れ上がってしまいます。

送金手数料が一番安いサービスは?

  • Wise: 732 JPY
  • WorldRemit: 2722.56 JPY

日本からから送金する際、2つのサービスのうちWiseが一番安い海外送金手数料を提供しています。

Wiseで送金する

一番為替レートがお得なサービスは?

  • Wise: 0.0066 USD
  • WorldRemit: 0.0065 USD

比較対象の 2つのサービスのうち、Wiseが日本からの送金において一番お得な為替レートを提供しています。

Wiseで送金する

一番安い海外送金のオプションを見つけるには?

日本から一番安く送金する方法は、送金先の国、入金方法、受取方法、送金にかかる時間など様々な要因によって異なります。しかし、海外送金サービスやアプリを使うと一番安く海外送金できることが多いです。通常このようなサービスは、銀行と比べて安い手数料と良い為替レートを提供しています。

一番安い海外送金の方法を見つけるには、為替レート、手数料、送金にかかる時間をいくつかのサービスと比べてみることをお勧めします。

100000 JPYを日本からアメリカへ送金する前にいろいろなサービスを比較することで、1990.56 JPYを節約できる場合があります。

一番安い送金サービスを見つける

日本から安く送金するために考慮することは?

海外送金をする際は、送金にかかるすべてのコストをチェックする必要があります。また、サービスによって異なる送金スピード、セキュリティ、利便性も考慮する必要があります。

サービスによってさまざまな手数料の種類があり、海外送金にかかる総合的なコストを計算するのが難しい場合もあります。

変動送金手数料 - これは送金の入金方法によって変わる可能性があります。インターネットバンキングやデビットカードで入金するのが最も安く、クレジットカードで支払うのが最も高くなることが多いです。

  • 為替レートマークアップ - 資金の両替に適用されるレートに追加される割合手数料で、コストを大幅に押し上げる可能性があります。
  • 第三者コスト - SWIFT手数料やクレジットカードのキャッシング手数料などがあります。

送金のコストは送金先、送金額、送金の受け取り方法、送金にかかる時間によって異なります。

海外送金ページでは安全で、便利で、信頼できるサービスだけをピックアップしており、それぞれのサービスのレビューと比較をご覧いただけます。簡単に一番お得な送金方法を見つけましょう。

一番安い送金方法は?

送金元の通貨 送金先の通貨 最安のサービス 利用可能なサービス 受取人の受取額
表示する行がありません

銀行とオンライン海外送金サービスで安いのはどっち?

以前は、海外送金を行うには銀行が唯一の選択肢でした。しかし、現在は専門の海外送金サービスがオンラインやアプリで安くてスピーディーな海外送金を提供しており、多くの選択肢があります。

あなたに最も適しているオプションを選ぶために、銀行やオンライン送金サービスの主な特徴を比較してみましょう。

銀行

  • オンライン、電話、または支店での手続きができる
  • 多くの国や通貨への送金をサポートしていることが多い
  • 安全で、身近で、信頼できる送金ができる
  • 為替レートにマークアップが含まれ送金手数料が高くなることが多い
  • 送金に3~5営業日かかる

オンライン海外送金サービス

  • アカウントを開設するとオンラインや便利なアプリで送金できる
  • 為替レートが銀行よりも良く手数料も明確であることが多い
  • 平均してとてもスピーディーに送金でき、瞬時に送金できるものもある
  • 対人のサポートがない(電話やチャットでのサポート)
  • 現金で入金できない(銀行振込やカードが一般的)

銀行での海外送金が高い理由は?

銀行での送金は海外送金の手段としてとても人気ですが、手数料の高さに驚かされることもよくあります。なぜ高額な手数料がかかるのでしょうか?銀行でよく電信送金をしているという方は、どのような手数料がかかっているのか見てみましょう。

海外サービスを利用する方に対して銀行が請求する手数料には以下のようなものがあります。

  • 外国為替手数料 - 海外送金をする際には、銀行が請求する手数料の他に、為替レートに対しても支払いをしています。このレートは常に変動しており、利用する金融機関によって異なる場合があります。– 銀行で表示される為替レートが本当の為替レートであることはほとんどなく、銀行による追加手数料のために高くなっていることがほとんどです。
  • 最小手数料 - 通常、銀行では海外送金の際に送金額にかかわらず最小手数料を請求しています。たとえ少額の送金であっても、この手数料はどんどん積みあがっていきます。送金額が多ければ多いほど、高い割合の手数料を請求されることがほとんどです。
  • 処理手数料 - 送金側と受取側の銀行との間に直接的な関係がない場合は特に、銀行での海外送金には高額な手数料がかかります。第三者である仲介銀行が送金プロセスに関与し、送金人と受取人の両方に追加手数料がかかることがあります。
銀行振込に代わるベストな方法を見つける

日本から早く送金するための入金方法は?

海外送金する際の入金方法には、いくつかのオプションがありますが、デビットカードまたは銀行振込での入金ができるサービスを選ぶことでお金を節約することができます。

Wise

銀行振込、カード(デビットまたはクレジット)、SWIFT、Google PayもしくはApple Pay

WorldRemit

銀行振込、カード(デビット、クレジット、プリペイド)またはApple Pay

日本から送金できる一番安いアプリは?

海外送金アプリを使えば、どこでも送金できるので便利です。海外送金サービスは利便性のためアプリを提供していることが多く、手数料もウェブサイトでの送金と変わりません。

一番安い送金アプリは、送金の詳細やお住まいの地域で利用可能なサービスによって異なりますが、次のようなオプションがおすすめです。

  • Wise: Trustpilotで210,512件のレビュー、4.2/5点の評価
  • WorldRemit: Trustpilotで85,968件のレビュー、3.9/5点の評価
Wiseで送金する

オンライン海外送金サービスは安全?

日本から送金するのは大変に思われるかもしれませんが、サービス比較ツールを使えば、世界中の安全で規制を遵守したサービスのみ見つけることができます。

日本から一番安全に送金できる方法をお探しの場合、金融行動監視機構(FCA)から認可を受けそのガイドラインを遵守しているサービスを選ぶことが大切です。詳細をこちらで見てみましょう。

  • FSCS - 金融サービス補償機構 - FSCSは、銀行、保険会社、その他の金融サービス会社が破綻した際に顧客を保護するための制度です。銀行が倒産したりその他の財政難に陥った場合、FSCSを通じて補償を受けることができる場合があります。

  • FCA - 金融行動監視機構 - FCAは、ほぼすべての金融活動に対して許可を与える必要があります。企業の業務を規制・監督することにより、基準が満たされ安全な取引が行われていることを確認します。

  • PRA - 健全性規制機構 - PRAの主な目的は、銀行やその他の金融機関の安全な経営とリスク管理を保証することにより、顧客の資金を保護することです。

どの海外送金サービスが安全?

海外送金サービスは、安全でスピーディーな送金のために規制を遵守しています。

安全で信頼できる海外送金サービスをお探しの場合、レビューと比較を確認しましょう。ここでは認可を受け規制を遵守しているサービスのみ記載しています。

次のようなサービスが高評価を受けており、おすすめです。

  • Wise: Trustpilotで210,512件のレビュー、4.2/5点の評価
  • WorldRemit: Trustpilotで85,968件のレビュー、3.9/5点の評価
Wiseで送金する

まとめ

海外送金する際には、必要なすべてのコストを考慮して一番安いオプションを見つけることが大切です。送金する前にいろいろなサービスを比較することでかなりの金額を節約できます。送金にかかるコストは送金先、送金額、送金にかかる時間によって異なります。専門のオンライン海外送金サービスやアプリを使うことで一番安く海外送金できる場合があります。

海外送金についてより専門的なアドバイスが必要ですか?

オンライン海外送金の方法 2024年のガイド

オンラインで海外送金することで、銀行で送金するよりもお金も時間も節約できます。

早い海外送金におすすめの方法

オンラインで外国に送金するのに、早くて安全なおすすめの方法を見つけましょう。

海外送金におすすめの方法は?

海外送金におすすめの方法をお探しですか?2024年のガイドで送金のエキスパートになりましょう。

海外から日本へ送金する方法

日本への海外送金におすすめの方法はそれぞれです。あなたにおすすめな方法を見つけましょう。

一番安い海外送金についてよくある質問

一番安く海外送金する方法は?

一番安く海外送金できる方法は、専門のオンライン海外送金サービスです。このようなサービスは、銀行よりも手数料が安いまたは無料であったり、お得な為替レートを提供しています。しかし、いろいろなサービスを比較して一番安い方法を確認することが大切です。

海外送金する前にいろいろなサービスを比較するといくら節約できる?

現在の比較によると、100000 日本円を日本からアメリカへに送金すると最大1990.56 JPYを節約できる場合があります。より多額の送金では、まず海外送金サービスを比較することでさらに大きな金額を節約できることがあります。

海外送金は無料でできる?

海外送金の処理にはコストがかかるため、無料で海外送金できることはほとんどありません。無料で海外送金できることを売りにしているサービスがあっても、実際には為替レートにコストを上乗せして利益を生んでいることが予想されます。

PayPalは銀行での海外送金よりも安い?

一般的には安いですが、PayPalの手数料は持っている口座の種類やお住まいの地域によって異なります。PayPalではなく、一番お得なサービスで1000 USDをイギリスへ送金すると、受取人は約50 GBPも多く受け取ることができます。これは何のコストもなしに、約5%もお得に送金できることを意味します。

Wiseは銀行での送金よりも安い?

通常、Wiseは銀行よりも安い海外送金オプションを提供しています。Wiseでは、安い手数料とミッドマーケットレートで80か国に送金できます。受取人がWiseアカウントを持っている必要はありません。

Western Unionは銀行での送金よりも安い?

Western Unionは銀行よりも安く海外送金できる手ごろなオプションとして知られています。手数料は送金額によって異なりますが、 Western Unionはほとんどの銀行よりも安い手数料を提供しています。

銀行の送金手数料はいくら?

ほとんどの銀行は海外送金(電信送金)に手数料を請求します。手数料は送金額に対する割合で、最少額は銀行によって異なります。外貨での送金や資金の受け取りをする際に、外貨両替手数料を請求する銀行もあります。通常、この手数料も合計取引額に対する割合となっています。