マレーシアへの送金。安くて速い海外送金の方法。

マレーシアへの送金の最良レートと手数料を比較しましょう

送金額
送金元
送金先

調査、テスト、承認済みの安全なプロバイダーのみ比較しています。 重要な情報

最もお得
為替レート:0.0331
送金手数料:¥98.00 JPY
送金時間:即時-2日
Wiseでは為替レート保証を取得可能です
合計
RM63.04 MYR
他1社のプロバイダー
レート更新:1分前
為替レート:0.0327
送金手数料:¥150.00 JPY
送金時間:1-2日
最初の3回の送金は無料です
合計
RM60.49 MYR

当社は調査、テスト、承認済みの安全なプロバイダーのみ比較しています。重要な情報:お客様がこれらのプロバイダーから選択された場合に当社が紹介手数料を受け取ることがありますが、これはプロバイダーのランキング、為替レート、またはお客様が請求される手数料に影響しません。この検索結果は、お客様にとって最も安いコストから最も高いコストの順に並んでいます。詳細を確認する

Exiapを信頼する理由

海外送金の為替レートと手数料を比較して、月間100,000人以上のユーザーとお金を節約しましょう。

安全なプロバイダーを比較します
安全なプロバイダーを比較します
透明性のある手数料とレートを表示します
透明性のある手数料とレートを表示します
海外送金で節約しましょう
海外送金で節約しましょう

日本からマレーシアへのおすすめの送金方法

  1. 最安:   Wise
  2. 最良の為替レート:   Wise
  3. 最速:   Wise
  4. 最も高評価:   Wise

マレーシアへの一番安い送金方法は何ですか?

  • Wise: 98 JPY
  • WorldRemit: 177.14 JPY

マレーシアへ送金する際は、日本円からマレーシア・リンギットへの送金にかかる合計コストを計算しましょう。プロバイダーが事前に提示する手数料と、JPY/MYRの為替レートの両方を確認することが大切です。

プロバイダーは低額もしくは無料の手数料を売りにしていることも多いですが、実際には手数料は為替レートに隠されています。現在、JPY/MYRのインターバンクレートは0.0331です。マレーシアへの送金にかかる手数料を比較する際は、為替レートをチェックするのがよいでしょう。

従来の銀行のほとんどが、為替レートに隠れたコスト(マークアップ)を上乗せしています。例えば、1 JPYが0.0331 MYRの場合、銀行は為替レートに3%のマークアップを上乗せして、JPY = 0.0341 MYRを提示します。送金手続きの方法によっては、手数料がさらに高くなったり受取人が受け取る金額が少なくなったりします。

最安オプションのWiseの場合、JPY/MYRの為替レートは0.0331、手数料は98 JPYです。手数料が177.14 JPYのWorldRemitと比べて、79.14 JPY節約することができます。

価格設定に関するデータはプロバイダーのウェブサイトから収集され、手数料に関するデータは合計コスト(送金手数料 + 為替レートマージン)を考慮して計算されています。

Wiseへ移動

マレーシアへの最も速い送金方法は何ですか?

 

通常、プロバイダーによって以下の時間がかかります。

  • Wise: 即時-2日
  • WorldRemit: 1-2日

ほとんどの場合、マレーシアへの送金は3~5営業日かかる銀行と比べて海外送金プロバイダーの方が大幅に速いです。マレーシアへ送金する際に最も速いプロバイダーはWise(即時-2日)です。

Wiseへ移動

マレーシアへの送金で最も評価が高いプロバイダーは何ですか?

 

こちらがマレーシアへ海外送金できる2社のプロバイダーTrustPilot上のレビュー数と平均スコアです:

  • Wise: 167,996件のレビュー、Trustpilotでの評価 4.5/5
  • WorldRemit: 64,207件のレビュー、Trustpilotでの評価 4.1/5
Wiseへ移動

マレーシアへの最も安全な送金方法

海外送金サービスを選択することはリスクのように感じられるかもしれません。しかし、この比較ツールでは、サービスを提供する全ての国の法律に従っている安全なプロバイダーのみ推奨しています。

日本からマレーシアへの最も安全な送金方法をお探しの際は、金融行動監視機構(FCA)の登録、監督の下でサ—ビスを提供しているプロバイダーをご利用になることをお勧めします。場合によっては、健全性規制機構(PRA)に登録されているオペレーターもあります。銀行で海外送金する際は、金融サービス補償機構(FSCS)に関して見かけることもあるかもしれません。

FCA(金融行動監視機構) ー 金融に関わる活動のほとんどは、FCAによる認可を受ける必要があります。FCAは、基準が守られ、金融事業者が安全かつ合法的に取引していることを確認するために、金融に関わる活動を規制、監督しています。

PRA(健全性規制機構) ー PRAは、リスク管理と顧客の資金の保護のため、銀行、住宅金融組合、保険会社、その他同様の金融機関が安全に経営されていることを確認するために存在します。

FSCS(金融サービス補償機構) ー FSCSは、銀行、保険会社、その他の金融サービス会社が破綻した場合に顧客を保護します。銀行が倒産したり、その他の財政難に陥った場合、FSCSを通じて補償を受けることができる場合があります。

マレーシアへの送金はどのように行えばよいですか?

マレーシアへの送金にはいくつかの方法があります:


  • マレーシアへの銀行振込 - ほとんどの銀行で、オンライン、支店、または電話からの海外送金が可能です。MYRへの送金は、お客様の銀行口座から受取人の現地銀行口座に、選んだ通貨で直接行われます。
  • 支店からの送金 - 大きな支店やエージェントのネットワークを通してサービスを提供している専門の海外送金プロバイダーもあります。そのため、実際の店舗に足を運び現金でMYRへの送金を行うことも可能です。
  • マレーシアへのオンライン送金 - GBP/MYR送金をオンラインまたはスマートフォンで行いたい場合、ご利用の銀行のインターネットバンキング、もしくは専門の海外送金プロバイダーから選択することができます。専門サービスでは、多くの場合銀行よりも良い為替レートと安い手数料で送金することができます。

マレーシアの別の銀行口座への送金方法:

通常、マレーシアの別の銀行口座への送金がお客様と受取人にとって最も便利なオプションです。資金の受け取りのために受取人が行う手続きはありません。資金は選択された通貨で指定された口座に着金し、簡単に決済、引き出しができます。

直接マレーシアの銀行口座に送金する場合、専門のプロバイダーが最も安く、速い場合が多いです。プロバイダーによって送金手続きは異なりますが、大まかなステップはほとんど同じです。

海外送金プロバイダーで送金する4つの簡単なステップ:

  1. 1
    アカウントを作成する
    お好きなサービスで新しいアカウントを作成しましょう。お客様の連絡先情報や基本情報を入力してください。FacebookやGoogleを使って、簡単に手続きができる場合もあります。
  2. 2
    本人確認をする
    入金方法によっては、身分証明書の写真をアップロードしてアカウントの本人確認をする必要があります。このステップは規制上、そしてお客様の資金を保護するために必要です。
  3. 3
    アカウントに資金をチャージする
    銀行振込またはカードで、GBPで資金をチャージしましょう。
  4. 4
    受取人情報を追加して送金する
    送金する準備が整ったら、受取人の個人情報と銀行口座情報の入力、送金に適用される為替レートと手数料の確認をし、承認します。手続きはこれだけです。お客様の資金が送金され、送金状況はオンラインまたはプロバイダーのアプリで確認できます。

マレーシアへの送金の入金方法には何がありますか?

プロバイダーによって海外送金のための入金方法は異なりますが、多くのオプションから選択することができます。

マレーシアへの送金の際、これらのプロバイダーが提供する入金方法をいくつか見てみましょう:

Wise

銀行振込、カード(デビットまたはクレジット)、SWIFT、Google PayもしくはApple Pay

WorldRemit

銀行振込、カード(デビット、クレジット、プリペイド)またはApple Pay

マレーシアへ送金するために必要な情報

マレーシアへ送金するために必要な情報はプロバイダーによって異なります。通常、少なくとも受取人の名前、そして以下の受取人に関する情報が必要です:

  • SWIFTコード
  • 口座番号

JPY/MYRの為替レートの傾向

多くの通貨と同じように、JPY/MYRの為替レートは需要と供給の変化によって、時間に伴い変動します。

為替レートの変動は日本やマレーシアの経済状況の潜在的な変化によって引き起こされます。また、為替レートは政治の安定や、トレーダーが傾向を予測することで通貨を売買する単純な投機によっても影響されます。

現在、1 日本円で0.0331 マレーシア・リンギットを買うことができます。

過去7日間のJPY/MYRの為替レートの平均は0.0333でした。これは、その前の7日間(0.0332)の0.379%です。

マレーシアへの送金にはいくらかかりますか?

表の海外送金プロバイダーでマレーシアへ送金する場合、手数料はWiseの98 JPYからWorldRemitの177.14 JPYまでになります。(銀行の場合は手数料がさらに高くなる可能性があります)。正確な手数料は、送金先、送金額、入金方法、受け取り方法によって変わります。

通常、専門サービスを利用して、受取人の銀行口座に直接送金する場合の手数料は安く済みますが、従来の銀行を利用した電信送金の手数料は高くなる可能性があります。クレジットカードや現金で入金する場合も手数料が高くなることがあります。

海外送金の際は、送金手数料、為替レートに隠された追加料金、クレジットカード発行会社によるキャッシュアドバンス手数料などの第三者手数料が、合計手数料に含まれている可能性がありますので、ご注意ください。

マレーシアへの送金にはどのくらい時間がかかりますか?

マレーシアへの送金にかかる時間は、プロバイダー、入金方法、受取人の資金の受け取り方法などによって異なります。表示されているプロバイダーの中で、マレーシアへの最も速い海外送金プロバイダーはWiseで、即時-2日でMYRを受取人に届けることができます。日本円からマレーシアへの送金で最も遅いプロバイダーはWorldRemitで、マレーシアへの送金に1-2日かかります。

マレーシアへの送金 ー まとめ

日本からマレーシアへ送金する際に最適なプロバイダーは、お客様のニーズによって異なります。

最も安いプロバイダーはWiseで、最も速いプロバイダーはWiseです。Wiseはお客様の資金をマレーシアの受取人に即時-2日で届けることができます。

マレーシアへの海外送金プロバイダーの選択で、お客様にとって安全性が重要な条件である場合は、上記プロバイダーの全てが異なる金融機関から規制されているため、安心してマレーシアへ送金していただけます。

オンラインで最良の為替レートを見つけるためのガイド

マレーシアへの送金に関してよくある質問

おすすめの海外送金の方法は何ですか?

マレーシアへ送金する際、おすすめの方法は一つには限られません。これはお客様の優先順位によって異なります。それぞれのプロバイダーが異なるコスト、スピード、利便性のバランスを提供しています。比較ツールをチェックすることで、簡単にお客様に最適な方法を見つけていただけます。

## マレーシアへの送金はどのように行えばよいですか?

マレーシアへの送金は、ご自身の銀行、専門の海外送金サービス、デジタルウォレット、もしくは実際の海外送金店舗から行うことができます。それぞれのオプションに利点と欠点があります。そのため、お客様にとって最適な送金方法はそれぞれの送金と必要条件によって異なります。

マレーシアへは無料で海外送金できますか?

日本からマレーシアへは無料で送金することはできません。海外送金はプロバイダーへの費用が発生するため、コストをカバーし利益を生み出せるよう、必ずどこかで手数料がかかります。しかし、多くプロバイダーが送金の際の為替レートに費用を上乗せすることで、お客様が払う手数料を分かりにくくしています。これが、これらのビジネスが手数料無料の送金を宣伝しつつ、毎回利益を生み出すことができる理由です。

為替レートはどのように計算すればよいですか?

為替レートは、ある通貨を売って別の通貨を買った際にいくら受け取れるかを表します。しかし、為替レートは一つではありません。銀行や金融サービスプロバイダーは独自のレートを設定することができ、実際に余分な手数料が含まれている場合があります。

為替レートの基準として最適なレートは、ご利用になる通貨ペアのミッドマーケットレートです。このレートは、Google検索もしくは信頼性が高いオンライン通貨換算ツールで確認することができます。これが銀行や決済事業者が自ら通貨を購入する際に使用するレートです。プロバイダーから提示されたレートがミッドマーケットレートと異なる場合、通常これはマークアップ(余分な手数料)が含まれていることを意味します。これにより送金コストが高くなったり、最終的に受取人が受け取る金額が想定よりも少なくなってしまう可能性があります。

マレーシアへ送金するのに最も良い時間はいつですか?

マレーシアへ送金するのに最も良い時間に決まりはありません。これはお客様が送金する必要があるタイミングや、受取人に資金を受け取ってほしいタイミングによって異なります。

また、お客様が送金を行う時間やプロバイダーや銀行の手数料など、様々な要因によっても異なります。

即座にオンライン送金するにはどうすればよいですか?

現金の受け取り(キャッシュピックアップ)やモバイルウォレットへのオンライン送金は、即座ではなくともほとんどの場合はすぐに完了します。デジタルウォレットサービスを利用して即座に送金を行うことができる場合もあります。しかし、どちらの場合もスピードに対して追加料金がかかる場合が多いです。

通貨の知識センター

レビュー
Wiseカードを徹底解説

レビュー
Wiseマルチカレンシーアカウントを徹底解説

レビュー
Wise法人アカウントを徹底解説

レビュー
WorldRemitを徹底解説

レビュー
Wiseを徹底解説